ひじきの鉄について
文部科学省は12月25日付で「日本食品標準成分表2015年版 (七訂)」掲載「ひじき」の可食部100g当り鉄含有量に関し、「鉄釜だと58・2mgの鉄を含むが、ステンレス釜だと6・2mg」と発表しました。

当協議会が現在までに確認している検査結果によりますと、日本産ひじき(52検体)は文部科学省発表の 6.2mgに近い数値である7.7mgの鉄含有量であります。

同様に検査した韓国産ひじき(14検体)は47.6mg、中国産ひじき(12検体)は47.7mgと従来(六訂まで)の日本標準食品成分表に記載されていた55mgに近い数値を確認しております。

これらひじきの加工に使用している釜はすべてステンレス製です。

ステンレスは耐食性に優れ、食品加工においては「食の安全・安心」の観点から、異物混入の原因除去のため海外加工会社を含めステンレス釜の使用を推進してまいりました。

また、国内流通している乾燥ひじきは(一部産地を除く)、日本標準食品成分表にある「煮熟後乾燥」したものではなく「蒸煮後乾燥」したもので、蒸煮の際の釜の材質による鉄含有量の違いはないと推測しております。

本発表を踏まえ、当協議会では各産地(日本産、韓国産、中国産)別鉄含有量の業界標準成分数値設定のための研究を進めてまいります。

また各産地別鉄含有量の差異につきましてもその原因を合わせて研究してまいります。