カルシウム

 カルシウムは体内で合成できないので、食べ物から摂取する必要があります。体内にあるカルシウムの99%は骨や歯の形成に使われています。骨はカルシウム貯蓄所としての役割も果たしています。残りの1%は血液中や細胞にあり、筋肉や神経の働きを正常に保つ、またホルモンの分泌、血液の凝固作用など重要な働きをしています。

 血液中のカルシウム濃度が一定である必要があり、血液中のカルシウムが不足してくると骨に貯蔵されているカルシウムが血液中に溶けだし、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。骨の貯蔵量が少なくなると、骨はスカスカでもろくなり骨粗しょう症になります。

 このようにカルシウムは一生を通じて十分な補給が大切というわけですが、同時にマグネシウム、ビタミンDやビタミンKの摂取、そして適度な運動がカルシウムの機能を効果的にします。

 カルシウムは体内に成人で1kgくらい存在し99%はリン酸カルシウム・炭酸カルシウムの形で骨や歯の成分として存在します。残りは血液をはじめとする体液・筋肉・神経などの組織に存在しています。
 カルシウムが不足すると骨や歯がもろくなってしまうことはもちろん血管を老化させ動脈硬化や心臓病脳卒中などの病気のひきがねにもなります。
 血液中には一定のカルシウム量が必要で心臓や脳の働き筋肉の収縮ホルモンの分泌血液凝固など生命維持にかかせない働きをしています。
 血液中のカルシウムが減ると骨からのカルシウムがそれを補うために溶けだし骨内のカルシウム量が減少します。
 カルシウムは乳製品・小魚・海藻などに多く含まれています。
 吸収は年齢や体質によってもちがいますが食品によっても違いがあり牛乳では50%小魚では約30%緑黄野菜や海藻では約20%となります。
 カルシウムはリンの摂取量との関係が深くCa:Pの比が1:2〜2:1の間で吸収が良くその範囲を超えてPの摂取が多いと吸収が悪くなります。(加工品などからPを摂りすぎないように!)
 それ以外にもカルシウムは腎臓で作られる活性型ビタミンDで吸収が促進されます(食品中からのビタミンD摂取や紫外線に当たると作られる)
 また骨に体重がかかることでカルシウムの吸収は促進されるので適度な運動はカルシウムの吸収に役立ちます。
 女性ホルモンとも関係があり閉経後は骨からカルシウムを溶けることを妨げていたホルモンが減少し骨からの流出が進みます。
 蛋白質の摂取量や(蛋白質が適度だと促進し過剰すぎると排泄量が増える)食塩の摂りすぎ(低下)によることでも吸収率は変わってきます。
 また夜間は血液中のカルシウムレベルが低下することからカルシウムの吸収がよくなると言われています。
 日本人のカルシウム摂取量は増えてはきましたが欧米諸国と比べると低く必要量を満たすには努力が必要な状態です。
 カルシウムは毎日十分に摂ることを心掛けたい大切なミネラルのひとつです。