マンガン

 具体的なマンガンの働きとしては、骨の形成を促進することが有名です。その他にもマンガンは栄養素の代謝、神経の刺激伝達、インスリンの生成や性機能・妊娠に関与したり、活性酸素を分解する酵素SODの構成成分の1つとして働きます。

 通常マンガンが不足することは殆どありませんが、マンガンが不足すると骨粗鬆症になる可能性があります。その他にもマンガンが不足すると糖尿病や性機能の低下、動脈硬化、運動障害などが起こると言われています。

 "体内に約200mg含まれます。骨にはたくさんのミネラルが含まれておりカルシウム・リンはよく知られますがマンガンも骨の石灰化に必要なミネラルです。また関節を丈夫にする結合組織の補酵素としての働きもあり成長期には発育を促進するために不可欠です。糖質・脂質・蛋白質の代謝に働く酵素の成分でもありエネルギー作りや蛋白質の体内合成に関係しています。マンガンは全体として細胞の活力を高める働きをしており不足すると骨などの発育不全・傷の治りが遅い・インスリンや甲状腺ホルモンの合成不良・エネルギー不足による不活発などがおこります。"