パンダ巻き
材料(1本分)
 たらこ(甘塩)  のりの長さ分
 たくあん     のりの長さ分
 山ごぼうのみそ漬け  適量
 すし飯      約3合分
 乾燥芽ひじき   10g
 黒ゴマ      大さじ2
 ワカメふりかけ  大さじ2
 しょうゆ     大さじ1
 焼きのり
作り方
 
 下準備
  ひじきは水に戻し、さっと下ゆでして、しょうゆをふりかけておく。
  すし飯120gに味付けしたひじき(細かく刻む)、黒ゴマ、ふりかけを
 混ぜて黒いすし飯を作っておく。
  :全形ののり横1/4枚にすし飯40gを広げまきすをこすり合わせる
 ようにして丸く形作る。
  :のり1/2枚にたくあんをのせ、巻く。
  鼻の下:のり1/2枚に、すし飯40gを棒状にのせ、まきすで丸く巻く。
 包丁で押さえるように縦半分に切り分ける。
  :のり1/2枚にたらこをのせ、巻く。
  :のり1/2枚に黒いすし飯40gを棒状にのせまきすで丸く巻く。
 包丁で押さえるように縦半分に切り、4等分に切り分ける。
 
 全形ののり1/2枚(横)に黒いすし飯70gをのせ、薄く広げる。
 中央に10gの黒いすし飯を山高におく。山の部分に目をおき、巻きすで
 楕円形に巻き、長さを半分に切る。
 のり1枚と1/2枚を米粒2〜3粒でくっつけ(縦長に)、すし飯120gを
 向こう側3cm残して均一に広げる。
 すし飯の中央に20gのすし飯を山高にのせ、1の黒いすし飯の薄い部分
 を内側にしておく。すし飯20gを補い、鼻をのせる。
 目のまわりののりの上に、鼻と同じ高さになるようそれぞれ10gの
 すし飯を補う。このすし飯の上に鼻の下を切り口を下にしてのせる。
 鼻の下の間に口をおき、鼻の下ののりを隠すようにすし飯50gをのせる。
 巻きすで巻いて、丸く形を整え、4等分に切る。
 5のパンダの顔に耳をはりつけ、薄く輪切りした山ごぼうを目玉として
 のせ、仕上げる。
 
工夫のポイント
 パンダにしたこと。
 
作った感想
 見た目はこっているけど、意外と簡単だった。ただのひじき飯だと黒くて、
おいしそうに見えないが、白飯と合わせて、かわいい巻きずしにしてみた
かったから。酢飯に、食欲増進をはかってみました。